耐震 リフォーム

jishin_yowai

築年数の経った建物に関する懸念事項の一つに「耐震性」があります。

特に昭和56年以前に建てられた住宅は、地震に対する補強が必要と言われています。

個人的には、実際に現場で「耐震」ということが意識されるようになったのは、平成7年の阪神淡路大震災以降からではないかと思っています。基礎を一体構造とした「ベタ基礎」や、柱の引き抜きを抑える「ホールダウン金物」、検査員による現場検査が一般化したのもその頃と記憶しています。

愛着のあるお住まいに安心して末永く暮らすためにも、耐震性の確認・調査を行う「耐震診断」及び、場合によっては必要な補強を行う「耐震リフォーム」をご検討ください。

専門の耐震診断士がご相談させていただきます。